💕出会える系の出会い系評価- おすすめ出会系アプリ・サイトの口コミと評判 -

出会い系サイト規制法の解説と問題点 - 出会い系アプリは規制対象?

「出会い系サイト規制法」の簡単Q&A

出会い系サイト規制法とは?
出会い系サイトの利用によるトラブルから18歳未満の児童を保護する法律。出会い系サイト事業者は利用者の年齢確認が義務付けられている。
出会い系アプリは規制対象?
異性の出会いを募集する場を提供していると判断されたり、アプリ利用者が1対1で通信し連絡が取れるサービスを提供していれば規制対象となる可能性がある。
twitter、インスタグラム、FacebookなどのSNSは規制対象?
SNSは規制対象にならない。男女の出会いを目的としていないためインターネット異性紹介事業に該当せず規制法の対象外となる。
婚活サイトは規制対象?
会員プロフィールや書き込みなどの情報を不特定多数が閲覧でき、他の会員に直接連絡が取れるような婚活サイトは規制対象。
メル友掲示板は規制対象?
男女の出会いを目的とした利用を禁止し、管理を適切に行っていれば規制対象にはならない。

出会い系サイト規制法とは?

六法全書

出会い系サイト規制法(正式名称:「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」)とは、出会い系サイトの利用による被害から18歳未満の児童を保護し、健全な育成を図ること目的として制定された法律である。

インターネットと携帯電話の普及に伴い、誰でも気軽にインターネットを介しコミュニケーションを取ることが可能になると、児童が出会い系サイトを利用する機会も増え、児童買春や援助交際などの犯罪に巻き込まれるケースが多発するようになった。

そのような出会い系サイトの利用による被害から児童を保護し、健全な育成を図ることがこの法律の目的である。

この法律は2003年(平成15年)6月13日に公布、同年9月13日より施行されている。しかしながら、この法律施行後も出会い系サイトを利用した犯罪行為が後を絶たないことから、出会い系事業者に対する規制の強化と厳罰化を目指し、2008年(平成20年)6月6日に法改正が行われ同年12月1日より施行されることとなった。

参考記事:出会い系サイトの援助交際問題

児童とは何歳までか?

ここでいう児童とは18歳未満の少年少女である。つまり0歳から17歳までの者が児童に該当する。未成年でも18歳以上であれば、「児童」には当たらず、この法律の規制対象とはならない。

高校生は出会い系を使えない?

この法律はあくまで年齢が問題となっており、たとえ高校生であっても18歳に達していれば児童にはあたらない。

通常は高校3年生で18歳を迎えるため、高校生全てが規制法の対象となるわけではないが、大手の出会い系サイトでは18歳に達していても高校生の利用は禁止されているところが多い。当サイトで紹介している出会い系でも、利用規約に高校生の利用禁止を明記していないのは「YYC(ワイワイシー)」だけで、その他の出会い系サイトでは高校生の利用は一切禁止されている。

インターネット異性紹介事業とは?

この法律の規制対象となる出会い系事業者の定義として、『「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン』が定められた。以下の4つの要件を満たしている事業者が対象となる。

1.面識のない異性との交際を希望する者(異性交際希望者)の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを提供していること。
見ず知らずの異性と交際することが目的のサービス。サークルなどのすでに面識のあるコミュニティー内であれば対象にはならない。

ここでいう交際とは性行為はもちろん電話やメールなどを含めた会話などのコミュニケーション全般が含まれる。

また異性との交際を規制する法律であるので同性の交流に関しては対象にならないと解釈できる。つまりゲイやレズビアンのサイトは規制の対象外になる。

サイト内で交際目的の利用を禁止する規約があっても、そのような書き込みがあった場合に削除と利用の停止措置を行わず放置している場合は「インターネット異性紹介事業」と見なされることがある。

2.異性交際希望者の異性交際に関する情報を公衆が閲覧できるサービスであること。
不特定多数の人が掲示板などで募集の書き込みを閲覧できるサイト。
3.インターネット上の電子掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交際希望者が、その情報を掲載した異性交際希望者と電子メール等を利用して相互に連絡することができるようにするサービスであること。
掲示板などに異性の出会い目的で書き込まれた情報を見て連絡が取れるサイト。
4.有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供していること。
1~3に該当するサイトは有料、無料に関わらず全て規制対象となるということ。

要するに、「見ず知らずの人間が異性を求めて掲示板などで募集し連絡が取れるようなサービスを提供しているサイト「インターネット異性紹介事業」に該当するということである。

参考記事(外部サイト):警察庁:出会い系規制法の解説

サービス利用者の禁止事項

出会い系サイト規制法では、サービスの利用者に対し、以下の行為を行うことが禁止されている。

  • 児童は「インターネット異性紹介事業」に該当するサービスを利用してはいけない。
  • 異性の児童を交際の対象とした募集の書き込みを掲示板などに投稿すること。
  • 児童を性交の対象とした書き込みをすること(誘因行為)。

サービス事業者の義務

出会い系サービスの運営者は公安委員会への届出、サービス利用者の「児童でないことの確認」、利用者の禁止行為に該当する書き込みを削除することなどが義務付けられている。

児童でないことを確認する方法

出会い系サイトの運営業者は、身分証明者の送信やクレジットカード決済によって利用者の年齢確認を行い「18歳未満の児童でないことの確認」をしなければならない。

参考記事:出会い系サイトの年齢確認

婚活サイトやSNS、メル友募集掲示板は規制対象となるか?

婚活サイト

婚活サイトや結婚相談サイトは、結婚という真面目な出会いが前提のサービスなのでこの法律とは関係ないイメージもあるが、結婚といえども異性との交際を目的にしていることには変わりなく、上記の基準に照らし合わせれば「インターネット異性紹介事業」に該当するといえる。

ただし、会員のプロフィールや募集の書き込みなどの情報をもとに、他の会員が直接連絡をとることができるサービスを提供していない場合は規制の対象にはならない。

twitter、インスタグラム、FacebookなどのSNS

結論からいうと、SNSは「インターネット異性紹介事業」に該当せず「出会い系サイト規制法」の対象にならないとされている。

SNSでは男女が盛んに交流を持ち、そこで知り合った人たちが結婚まで至ることもあるし、異性との出会い目的で利用している人もたくさんいるのに、なぜ規制されないのだろうか。

その理由は、SNSというサービスが共通の知り合いや友人を通じてコミュニケーションを広げることを目的としているところにある。

つまり表向きは異性との出会を目的としていないサービスということだ。それを裏付けるように、ほとんどのSNSでは、異性との交際を目的とした出会いを募集するような書き込みは利用規約で禁止されている。

とはいえ、異性との交際を目的とした出会い系として利用している人がたくさん存在するのが実態で、実際、過去には大手のSNS内で作られたコミュニティーで出会いを募るような趣旨のものが多く存在していたため、警察から削除するように指導が入ったことがある。

メル友募集掲示板、趣味サイト

メル友掲示板、趣味サイトもサイトの運営方針によって法律の規制対象となる。

異性との交際を募集するような書き込みを禁止し、該当するような書き込みは削除するなどの対応をしっかり行っているサイトは「インターネット異性紹介事業」には該当しない。

出会い系アプリ

スマートフォンが普及したことに伴い、見知らぬ男女が出会える「出会い系アプリ」が人気となっているが、出会いアプリは実質出会い系サイトと同じように使えてしまうものの、多くの出会い系アプリはこの法律の規制対象とはなっていない。

"出会い系アプリに法的規制はある?"

アプリ自体が1対1の通信機能を有していない場合は、事業者が通信役務を提供しているとはいえないので、同法の適用対象外となっています。

そのため、利用者の年齢確認を行うことなく利用できる出会い系アプリが数多く公開されており、18歳未満の児童でも気軽に使えてしまうことが問題となっている。

事実、法規制によって、出会い系サイトを使えなくなった児童が出会い系アプリに流れており、援助交際などの被害、犯罪に巻き込まれるケースが非常に多い。

規制対象になっていない出会い系アプリが多く存在している理由としては、アプリの利用規約内で異性の出会い目的の利用を禁止しており、表向きは健全なコミュニティーサイトとして運営していることによる。

異性の出会いを目的を禁止しているとはいえ、実情は男女の出会いの場を提供するために公開されており、このようなモラル的に問題がある出会い系アプリは、サクラを利用した悪質な出会い系アプリが多い。

とはいえ、2017年には人気の出会い系アプリ「年上フレンズ」の運営業者が摘発され、出会い系アプリでは初めての逮捕者を出している。

"無届けの出会い系アプリ運営 容疑の会社役員ら3人逮捕 全国初 埼玉県警"

無届けで出会い系アプリを運営したとして、埼玉県警サイバー犯罪対策課などは22日、出会い系サイト規制法違反(無届け)の疑いで、東京都練馬区の会社役員、荒谷英樹容疑者(48)と同社社員の男2人を逮捕、さいたま地検へ送検したと発表した。

今回、この出会い系アプリが摘発されたのは、このアプリ内で利用者が1対1で直接連絡が取れるサービスを提供していたことが決め手となったようだ。つまり、出会い系アプリであってもサービスの内容によっては出会い系サイト規制法の対象となりうる。

規制法の施行によって児童の犯罪被害は減ったのか?

この法律によって「出会い系サイトを児童に利用させない」という目的は達成できたが、児童を援助交際や買春などの犯罪から保護するという目的は全く達成できていない。

出会い系サイトからは確かに児童の姿は消えたが、インターネット上からいなくなったわけではなく「出会い系アプリ」「ライン」「SNS」「ゲームサイト」などのコミュニティーに移動したに過ぎない。

それらのサービスを利用すれば出会い系サイトを使うよりも簡単にコミュニケーションが取れてしまう。実際に、コミュニティーサイトを利用して被害に巻き込まれた少年少女が過去最悪というデータ(平成28年)が出ている。

"H28年上半期、コミュニティサイトによる被害児童数は過去最多"

コミュニティサイトによる事件の被害児童は889人で、過去最多の被害児童数となった。

この記事によると、コミュニティーサイトでの平成28年上半期における被害児童の人数は889人で過去最多、統計を開始した平成20年以降、増加傾向が続いているという。

逆に出会い系サイトによる被害児童数は22人で、昨年同期の被害人数48人から半減し過去最少となっており、法規制の効果が如実に現れている。

このように、児童をインターネットを利用した被害から守るためには、現状の出会い系サイト規制法では難しいことがわかる。現状では児童の親が18歳を迎えるまでは携帯端末を持たせないか、ネットの利用を制限、webサイトのフィルタリング設定をする、などの対策を徹底しない限り、インターネットの利用を通じて発生する児童の援助交際や性犯罪被害を減らすことは難しい。

警視庁では保護者ができる具体的な防止策を発表しているので紹介する。

  • 子どもと普段からコミュニケーションをとり、ネットの利用実態を把握する
  • ゲーム機や携帯音楽プレーヤーなどでもネットが使えることを理解し、利用実態を把握する
  • アプリの利用ルールをつくる
  • フィルタリング機能を十分に理解し、利用させる
  • ネット上で知り合った人と会う危険性を教える
  • 住所や顔写真などの個人情報をネットで知り合った人にメールで送る危険性を教える
  • コミュニティーサイトの危険性を、実際に起きた事件を例に挙げて説明する
  • トラブルに巻き込まれそうになったら警察に相談する

上記のような対策を保護者がしっかりと行い、また出会い系サイト規制法を現在のインターネット社会の実情に沿ったものへと早急に改正することが望まれる。

出会い系で出会うのが安全

出会い系サイト規制法の穴を狙った出会い系アプリは、サクラを利用した悪質な詐欺アプリであったり、個人情報を取集されるリスクがあるため、安易に利用することはおすすめできない。

また、年齢確認が義務付けられていない出会い系アプリやコミュニケーションサイトは、18歳未満の児童でも利用することができてしまうため、知らずに18歳未満の女性と知り合い出会ってしまう可能性がある。意に反して自分が淫行条例に違反してしまうなど、トラブルに巻き込まれてしまうことも少なくない。

グレーゾーンで運営している出会い系アプリは、警察の摘発対象となる可能性もある。そうなればアプリ利用者の情報や書き込みの履歴が警察の手に渡ることもあるだろう。

そのようなリスクを避け、安全に異性との出会いを楽しむためにも、真面目に年齢確認を実施している出会い系サイトを利用していこう。

実際に出会えた出会い系

管理人が実際に出会えた、おすすめの出会い系をご紹介。信頼できる大手企業が運営する、サクラがいない安全安心の出会える出会い系です。
※アプリ版はアダルト系の制限があるのでWEB版がおすすめ。

PC-MAX(公式サイト)R18

出会える度:

PC-MAX

●アダルト色が強めで大人の出会いには最もおすすめ
●女性でも出会いに積極的な会員が多いので即アポ率が高い

お得情報

登録2日以内にポイント購入するとポイントが増量されるキャンペーン中だ。初回登録時に最大1,000円分のサービスポイントがもらえる。

PC-MAXへ行く

ハッピーメール(公式サイト)R18

出会える度:

ハッピーメール

●会員数が多く大人の出会いでも真面目な出会いでも出会いやすい
●不倫目的の人妻や熟女の会員が多く既婚者との出会いでは最もおすすめ

お得情報

初回登録時に最大1,400円分のサービスポイントがもらえる。

ハッピーメールへ行く

ワクワクメール(公式サイト)R18

出会える度:

ワクワクメール

●冷やかし・迷惑会員が少な目で実際に会える一般ユーザーが多く満足度が高い
●女性会員の割合が比較的多く地方の人でも出会いやすい

お得情報

初回登録時に最大1,200円分のサービスポイントがもらえる。登録後は毎月ポイントがもらえるサービスもある。

ワクワクメールへ行く

おすすめ出会い系をすべて見る

FREEと書かれたキューブ
無料出会い系は危険で出会えない!

無料出会い系はタダで出会えてお得と考える人も多いが、無料出会い系には一...

ポイントカード
一番安全に出会えるポイント制

ポイント制の出会い系には前払いでのみでしか使えないサイトと後払いでも利...

クレジットカード
定額制の出会い系は出会える!

定額制の出会い系とは、毎月一定料金を支払えば使い放題になる出会い系のこ...

手錠をはめられた人がPCを操作している
出会い系業者の内部事情とサクラの実態 - サクラの仕事とは?

出会い系の実態と裏事情。多くの出会い系では、オペレーターと呼ばれるアル...

PCのディスプレイから怪しい男が出てきてる画像
サクラの手口と見分け方

出会い系のサクラに騙されないためにも、サクラの特徴や手法、手口を知るこ...

怪しい男がポケットから財布を盗もうとしている
高額なポイント制の出会い系は危険で出会えない!

後払いでも使える高額料金のポイント制の出会い系アプリ・サイトにはサクラ...

サクラのハート
サクラがいない出会える出会い系

サクラばかりで出会えないイメージが根強い出会い系だが、サクラがいない出...

女性が貯金箱にお金を入れようとしている
キャッシュバッカーの特徴と対策方法

キャッシュバッカー(CB)とは、出会い系サイトで男性と会うつもりがなく...

メールのイメージ画像
出会い系のアドレス収集業者の実態と騙されないための対策

出会える系の出会い系サイトには、女性として不正登録し主に男性のメールア...

学生風の女性たちが歩く後ろ姿
援デリ・裏デリとは?出会い系の援デリ業者の対策と見分け方

援デリとは援助交際・売春を斡旋し女性を派遣する違法の風俗形態である。出...

パーカーをかぶった怪しい人がPCを操作している画像
悪質出会い系へ誘導する業者の手口と対策

悪質な出会い系アプリ・サイトへ誘導する悪徳業者の存在に注意しよう。業者...

学生服の女性
援助交際の実態と問題点

18歳未満の児童による援助交際(売春)はかねてより社会問題となってるが...

寄り添っている男女
中高年・シニア世代が出会い系で安全に出会う方法

30代後半以上の中年~シニア世代の男女が不倫パートナーや恋人を探す方法...

紅い口紅の女性の口元
出会い系は不倫希望の人妻・主婦が多い!

出会い系には人妻・主婦の利用が非常に多い。既婚女性用の不倫掲示板は援デ...

人差し指を伸ばしてナイショのポーズをする女性
出会い系の女性利用者 - 女性が会いたくなる男性とは?

出会い系に登録している女性は、見ず知らずの男性と出会うことに一抹の不安...

赤いマフラーの女性
出会い系を利用する女性の傾向

出会い系サイトを利用している女性にみられる特徴や目的。出会い系女性の傾...

スーツ姿の女性
社会人には出会い系がおすすめ

異性との新たな出会いの機会がないと悩む社会人にとって、出会い系は気軽な...

札束の画像
逆援助交際の誘いはサクラの手口

出会い系で逆援助交際って本当にある?逆援助は逆援、逆サポートとも呼ばれ...

身分証明書
出会い系サイトの年齢確認の安全性

出会い系サイトでは「出会い系サイト規制法」により身分証明書などによる年...

「最初だけ2万」「お願いあり」「条件あり」のイメージ
「最初だけ2万」「お願いあり」「条件あり」の意味

出会い系サイトや出会い系アプリでよく使われる「最初だけ2万」「ホ別2」...

アプリのLINEロゴ
LINEのIDを送りつける誘導業者に注意

出会い系でいきなりLINE(ライン)のIDを送ってくる女性は、男性を悪...

出会い系アプリのアイコンにバツ
出会い系アプリの危険性と被害対策

出会い系アプリは悪質業者が運営しているものが多く、高額なサクラ出会い系...

LINE ID交換アプリ
LINE(ライン)ID交換掲示板アプリは危険!

LINE(ライン)・カカオのID交換掲示板アプリは業者による詐欺被害や...

美人局に遭ったお金を渡そうとしている男性のイメージ
美人局やぼったくり被害に注意

出会い系アプリを利用した「美人局(つつもたせ)」「親父狩り」「ぼったく...

出会いSNSをスマホからアクセスするイメージ
無料の出会いSNSは出会えない

無料の出会いSNSは、悪質な業者によって運営されている詐欺アプリやサイ...

援デリ女のイメージ
出会い系の悪質ユーザーのまとめ

サクラがいない大手の優良な出会い系でも、援デリ業者やキャッシュバッカー...

女性の自撮り写メを悪用するイメージ
写メ画像が悪用されるリスクと対策

出会い系はサクラや援デリ業者によって盗用された写真が多く使用されている...

家出をして神待ちをする女性のイメージ
神待ち・家出掲示板は悪質なサクラ出会い系ばかり

神待ち女子や家出女子専門の出会い系サイト・アプリは、悪質なサクラ出会い...