出会える系の出会い系評価- おすすめ出会系アプリのランキングと口コミ・評判 -

出会いアプリ・サイトにおける援助交際(売春)の実態と問題点

by /

18歳未満の児童による援助交際(売春)はかねてより社会問題となってるが、以前は出会い系サイトがその温床となっていたこともあり、「出会い系サイト規制法」によって規制された。しかし、SNSや出会いアプリ、LINE掲示板に場所を移しただけで、援交の根絶には程遠い。また援デリ業者の利用は児童買春の加害者となる危険性が高いので絶対に止めよう。

援助交際とは?

援助交際とは、女性が金品を対価として男性とデートや性行為などの行為をすることである。援助交際を略して援交ともいう。

過去は売春の隠語として使われていたが、現在では売春よりも援助交際と呼ぶことが一般的となっている。

援助交際・売春の基礎知識

援助交際の女性のイメージ

日本における売春の定義は、「金品を受け取り不特定の相手と性交をすること」とされている。「性交」とは本番行為を指し、それ以外の性交類似行為(フェラチオやアナルセックスなど)は売春にあたらない。ただし、18歳未満の児童の場合は、児童買春・児童ポルノ禁止法によってわいせつな行為そのものが禁止されているのでこの限りではない。

また、売春の防止を目的とした売春防止法では、売春とその客になることを禁止している。しかし、違法とされているにもかかわらず罰則は設けられてないため、刑罰を科せられることはない。これは売春防止法が、女性の保護と更生を目的とするものだからである。

売春防止法で処罰の対象となるのは、公衆の目にふれるような方法や公共の場所での客引き、売春の周旋など、売春を助長、管理するような行為である。出会い系サイトや掲示板などで客引きする行為はこれに該当するため違法ということになる。

援助交際と売春の違い

援助交際は売春の一形態でそれぞれに明確な違いはないが、援助交際と売春では次のように区別されることが多い。

  • 援助交際は、必ずしも性的な行為を伴うわけではなく、食事やカラオケなどデートをすることで金品を受け取る行為も含む。
  • 18歳未満の児童による売春行為は、売春と呼ばず援助交際と呼ばれる事が多い。

出会い系は援交(売春)希望の女性が多い

学生服の女性

出会い系では援助交際、いわゆる売春相手の募集をする女性が少なくない。

出会い系は援交女性が男性客を探すのにうってつけのツールとなっており、素人女性との出会いを求める男性にとっては、知り合った女性がメールのやり取りの途中で援交目的と判明することもあるので迷惑な存在である。

出会い系で援助交際することは法律で禁止されているので、出会い系内では隠語が使われている。たとえば、プロフィールや掲示板に「割り切り」「お願いあり」「条件あり」といったワードが書かれていれば、金銭が絡んだ出会いと考えて良い。

出会い系で使われる「割り切り」の意味は?

「最初だけ2万・お願いあり・条件あり」の意味とは?

出会い系の援助交際で使われる隠語

援交目的を示す隠語

  • 割り切り
  • お願いあり
  • 条件あり
  • 助けてくれる人
  • 余裕のある人
  • わかる人
  • 最初だけ
  • パパ
  • サポ、サポート

金額や条件を示す隠語

  • 苺(1万5千円)
  • ホ別、別(ホテル代は別)
  • ゴ有、ゴ付(ゴム有り)
  • 諭吉(1万円)
  • @2(2万円)
  • 5K(5千円)
  • TU、WU(トリプル諭吉=3万円、ダブル諭吉=2万円)
  • プチ(本番なし)
  • k(キス)
  • F(フェラ)

18歳未満の児童による援助交際問題

平成20年、出会い系サイトが児童買春の温床となり社会問題となったことから「出会い系サイト規制法」が施行され、現在、18歳未満の児童が出会い系サイトを利用することは禁止されている。

この法律によって、出会い系サイトの利用には身分証などで年齢確認することが義務付けられ、中高生が出会い系サイトを利用して男性客を探すことは実質不可能となった。つまり、年齢確認をしっかりしている大手の出会い系なら、援交目的の女性だとしても18歳未満の児童ではないということになる。

しかし、Facebook、mixi、twetterなどのSNS、ゲームサイト、ブログ、掲示板など、出会い系以外にもユーザー同士が交流できるサービスが豊富に存在し、援交目的の児童はそれらのコミュニティーサイトに場所を移して客引きをするようになった。

また、スマートフォンの普及とともにユーザーが急増しているLINE掲示板やマッチングアプリなどの出会いアプリは、出会い系サイト規制法の抜け穴をついて年齢確認無しで利用できるものが多いため、児童による援助交際問題が再燃しつつある。

以上のように、出会い系サイト規制法が制定された後も、新たな形態のコミュニティーサービスの登場により児童買春の根絶には程遠い状況となっている。

児童による援助交際の実態

援助交際をする児童というと、派手、不良、ギャルのようなイメージを持つかもしれないが、実際は、どこにでもいるような見た目もごく普通の女子がやっていることも珍しくない。

児童が援助交際をする一番の理由は、短時間で簡単に大金が手に入るためだが、中には周りの影響からただの興味本位や、高校生活の記念に一度だけやってみたかった、というような軽い気持ちで援助交際をしてしまう児童もいる。また、家庭の問題や人間関係から愛情に飢えていたり極度の寂しがりやであったり、精神的な問題を抱えるメンヘラ女子であることも多い。

援デリ(裏デリ)業者による援助交際問題

出会い系で援助交際をしている女性は、個人的に客引きをしている女性よりも、援デリ(裏デリ)と呼ばれる風俗業者が女性に成りすましている場合が多い。

援デリ業者は、出会い系で男性客を見つけて待ち合わせ場所に女性を派遣するというデリヘルと似た形態の風俗業者だが、実態は、男性と援交希望の女性を引き合わせる、いわば売春の斡旋という犯罪行為を行う裏組織である。

また、援デリ業者が派遣している女性は、18歳未満の児童であることも多く、たとえ年齢確認のある健全な出会い系サイトでも、援デリ業者を利用することで児童買春の加害者となってしまう危険性がある。

そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、出会い系で援助交際目的の女性と出会うことは絶対に止めておこう。

実際に出会えた出会い系

管理人が実際に出会えた、おすすめの出会い系をご紹介。信頼できる大手企業が運営する、サクラがいない安全安心の出会える出会い系。
※アプリ版はアダルト系の制限があるのでWEB版がおすすめ。

シュガーダディ

おすすめ度:

シュガーダディの公式サイト

日本初のパパ活専門サイト

昨今ブームとなっているパパ活を日本に広めたのが「シュガーダディ」。パパ活をする若い女性のほとんどがシュガーダディからパパ活を始めると言っても過言ではなく、それだけに出会いやすい。

女性会員の割合72%

公式サイト調べでは会員の72%が女性。男性は簡単に出会える。

20代の学生が比較的多い

他にはアルバイトやモデル、米農関係、会社員、看護師などが多い。

向いている人・目的

  • 年上の余裕ある男性を探している20代30代の女性
  • 20代30代の若くて綺麗な女性のデート相手、秘密の交際相手探し
  • 割り切った大人の同士の落ち着いた秘密の交際関係

お得に出会える豆情報

1ヶ月あたりの料金が5,980 円/月と一般的なパパ活系のマッチングアプリの半額近い料金で利用できる。

paters(ペイターズ)

おすすめ度:

paters(ペイターズ)の公式アプリ

顔もスタイルもいい女性と割り切りで簡単に会える

20代~30代中心に若くてスタイルのいい、綺麗な大人の女性や可愛い女子大生などと条件ありの大人の関係ですぐに会えるおすすめのアプリ。

若い男性よりも40代以上が人気

40代~50代の紳士な男性が若いセフレや愛人を見つけるのに最適で、30代以下の若い男性よりも中高年世代の男性の方が女性から好まれる。

女性のレベルが高い

企業受付やエステティシャン、OLから客室乗務員など身元の確かなちゃんとした女性が多い。

向いている人・目的

  • 顔やスタイル、エッチ度などのレベルが高い女性とデートできるのであれば投資は惜しまない男性
  • 人間関係のトラブルに発展するリスクが少ない割り切りの出会いを望む男性と女性
  • 経済的な余裕のある年上の男性と知り合うきっかけが欲しい20代・30代前半の女性と、40代50代の男性

お得に出会える豆情報

無料会員でも相手1人につきメッセージ1回送信可能

Jメール

おすすめ度:

Jメールの公式サイト

穴場的出会い系

出会える出会い系の中では競争率が低めで出会いやすい穴場的出会い系。

中高年・熟年の出会い

中高年・熟年層の会員の割合が多く落ち着いたパートナー探しに向いている。

大人目的の20代も増加

大人ありのパパ活目的の女性も増えていて40代50代男性需要が増えている。

向いている人・目的

  • 中高年・熟年同士の出会い
  • 大人の関係ありのパパ活やデート相手募集
  • 会員の活動が活発過ぎないサイトでじっくり相手を探したい人

お得に出会える豆情報

初回登録時に最大1,000円分(メール送信14回分に相当)のサービスポイントがもらえる。

初回ポイント購入で1,000円分増量されるキャンペーンを利用するのがJメール攻略のコツのひとつ。

毎日アプリにログインするだけでもらえるボーナスポイントでお得に会える。

姉妹サイトのメルパラと併用して、両方に登録している女性を避けるとポイントが無駄にならずに会える確率が高まる。

おすすめの出会い系をすべて見る

無料出会い系アプリは出会えない?安全性は?

無料出会い系アプリ・サイトはタダで出会えてお得と考えがちだが、業者の多...

一番安全に出会えるポイント制

ポイント制の出会い系には前払いでのみでしか使えないサイトと後払いでも利...

定額制の出会い系は出会える!

定額制の出会い系とは、毎月一定料金を支払えば使い放題になる出会い系のこ...

出会い系業者の内部事情とサクラの実態 - サクラの仕事とは?

出会い系の実態と裏事情。多くの出会い系では、オペレーターと呼ばれるアル...

サクラの手口と見分け方

出会い系サイトや出会系アプリのサクラに騙されないためにも、サクラの特徴...

高額なポイント制の出会い系は危険で出会えない!

後払いでも使える高額料金のポイント制の出会い系アプリ・サイトにはサクラ...

サクラがいない出会える出会い系

サクラばかりで出会えないイメージが根強い出会い系だが、サクラがいない出...

キャッシュバッカーの特徴と対策方法

キャッシュバッカー(CB)とは、出会い系サイトで男性と会うつもりがなく...

出会い系でLINE IDやメアドを聞いてくる女性の正体と危険性

出会い系やマッチングアプリでLINE IDやメールアドレスを送るよう要...

援デリ・裏デリとは?出会い系の援デリ業者の対策と見分け方

援デリ・裏デリの実態や特徴、危険性とは?出会い系サイトや出会い系アプリ...

悪質出会い系へ誘導する業者の手口と対策

悪質な出会い系アプリ・サイトへ誘導する悪徳業者の存在に注意しよう。業者...

中高年・シニア世代が出会い系で安全に出会う方法

30代後半以上の中年~シニア世代の男女が不倫パートナーや恋人を探す方法...

人妻・主婦と不倫する方法とバレる原因・慰謝料対策

人妻・主婦と不倫関係になりたい場合は出会い系マッチングアプリ・サイトで...

出会い系の女性利用者 - 女性が会いたくなる男性とは?

出会い系に登録している女性は、見ず知らずの男性と出会うことに一抹の不安...

出会い系を利用する女性の傾向

出会い系サイトを利用している女性にみられる特徴や目的。出会い系女性の傾...

社会人には出会い系がおすすめ

異性との新たな出会いの機会がないと悩む社会人にとって、出会い系は気軽な...

逆援助交際の誘いはサクラの手口

出会い系で逆援助交際やママ活・姉活って本当に可能?出会い系サイトや出会...

出会い系サイトの年齢確認の安全性

出会い系サイトでは「出会い系サイト規制法」により身分証明書などによる年...

出会い系サイト規制法とは?高校生がアプリを使うのは違法?規制対象となるのは?

出会い系サイト規制法の内容と問題点について解説。法律が規定する「異性紹...

「最初だけ2万・初回に2万」は援デリ業者

出会い系でよく使われる「最初だけ2万」「初回に2万」とは、援デリ業者が...

LINEのIDを送りつける誘導業者に注意

ハッピーメールやワクワクメールなどの出会い系でいきなりLINEを教えて...

出会い系アプリの危険性と被害対策

出会い系アプリは悪質業者が運営しているものが多く、高額なサクラ出会い系...

LINE(ライン)ID交換掲示板アプリは危険!

LINE(ライン)・カカオのID交換掲示板アプリは業者による詐欺被害や...

美人局やぼったくり被害に注意

出会い系アプリで美人局やオヤジ狩り、ぼったくり被害に遭う危険性とは?手...

無料の出会いSNSは出会えない

無料の出会いSNSは、悪質な業者によって運営されている詐欺アプリやサイ...

出会い系の悪質ユーザーのまとめ

サクラがいない大手の優良な出会い系でも、援デリ業者やキャッシュバッカー...

写メ画像が悪用されるリスクと対策

出会い系のプロフィール画像、顔写真は載せるべき?写メのを送るよう要求さ...

神待ち・家出掲示板は悪質なサクラ出会い系ばかり

神待ち女子や家出女子専門の出会い系サイト・アプリは、悪質なサクラ出会い...

「お願いあり・条件あり」で会っても大丈夫?

出会い系で使われる「お願いあり・条件あり」の意味は、セックスの条件とし...

出会い系の割り切りの実態とリスク

出会い系で割り切りで会っても大丈夫?「割り切り」の意味や条件相場から、...

ホ別2(穂別2)の意味は?苺って?

出会い系やマッチングアプリで割り切り募集の際に使われる「ホ別2」や「穂...